HOME > 
社会福祉法人フルホープ 「ウェントス指扇」職員インタビュー

社会福祉法人フルホープ 「ウェントス指扇」職員インタビュー

障害とは、何か。現場で働く職員の本当の想い。
職員インタビュー
利用者さんとのやりとりが楽しい
2015年入社 支援員・非常勤社員
ウェントスならウェントスのそこならではの事をやってきたいと思っていて。独自の物が作りたくて、そしてそれが利用者さんに還元できるような事をしていきたいと思っています。
障害者との共生
障害を持たれた方と暮らしたい
中学卒業からボランティアをしていて、昔からのやりたいことで障害を持たれた方と暮らしたいと思っているんです。仕事とは別になんですが、そんな暮らし方がしたいんです。 やりとりがとても楽しくて、利用者さんから、ふと急に出る話等が好きなんです。
ウェントスという職場
仕事の実感
久々にちゃんと仕事をしている実感があります。パソコンが苦手ですが資料を作ったり、いろんな世代の人たちと活動や行事をしたり、世代間のギャップ等がありますが、そういうことも楽しいです。自分がこういう人間なんだなぁ、と再発見できました。
改めて今の想い
魅力的な仕事
ウェントスには魅力的な利用者さんがいるので、大変なこともあります。しかし、そんなことも楽しい、面白いと思える仕事なのです。
とても楽しくて良い仕事なのに働く人が来ないのはおかしいと考えていて、障害という仕事に来てほしいと思っています。


お問い合わせ
お問い合わせ アクセス
ページトップへ